詩篇 50:16-23

「感謝のいけにえを献げる者はわたしをあがめる。自分の道を正しくする人にわたしは神の救いを見せる。」(50:23)

私たちは神をあがめることもできれば、憎むこともできます。神を憎む人は、「戒めを憎み」(17節)ます。自分中心の人生を歩みたいからです。ですから、そのような人は「神を忘れる者」(22節)です。残念ながら、祈ることを忘れ、聖書を読むことも忘れ、神に感謝することも忘れてしまう人がいます。神を忘れ、滅びの道を進み行くならば、やがて人生は混乱し、自分のことは棚上げにして神を憎むことになります。神を忘れる者と正反対の生き方は、神をあがめる生き方です。聖書は言います。
「心からの賛美は尊いささげ物。それこそ、わたしの栄誉である。わたしの道を進む人は救われる。」(23節LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>