箴言 8:32-36

「幸いなことよ。日々わたしの戸の傍らで見張り、わたしの門の柱のわきで見守って、わたしの言うことを聞く人は。」(8:34)

日々のデボーション(QT)の重要性を語っている箇所です。日々、見張り、見守るように、聖書のみことばに耳を傾ける人は幸いな人だと聖書は言います。なぜならば、このようにして人はいのちを見出し、主から恵みをいただくからです。これはまさに、いのちと死に関わる重要な事柄です。イエス・キリストを信じると口で告白していても、日々、聖書のみことばを読まなくなると、死んでしまいます。キリスト者と言いながら、力がないのはそういうことです。LBでは36節をこのように訳しています。

「しかしわたしを見失う人は、自分をだめにする。わたしの忠告を退ける人は死を愛しているのだ。」

神のみことばを愛し、神のみことばに生きていくことができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>