ピリピ 2章

「いのちのことばをしっかり握って、彼らの間で世の光として輝くためです。そうすれば、私は、自分の努力したことがむだではなく、苦労したこともむだでなかったことを、キリストの日に誇ることができます。」(16節)

今日の箇所を直訳しますとこうなります。

「いのちのことばをしっかりともちなさい。キリストの日に私の誇りの根拠のため、私が走ったことが無駄でなく、労苦したことが無駄でなかった証明されるためである。」

パウロの言う「私の誇りの根拠」とは、成果主義の発想ではなく、神の国における使命を果たすということです。「キリストの日」とは、その使命を与えたキリストの御前に立つ日です。バークレーはこのように言います。

「パウロにとって人生の最もすぐれた賞は、自分を通して他の人々がイエス・キリストを知り、愛し、仕えるようになったと知ることであった」。

これは、自己満足の世界ではなく、神の国における自分の役割を果たすという意識です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>