詩篇 16:1-11

「まことに、あなたは、私のたましいをよみに捨ておかず、あなたの聖徒に墓の穴をお見せにはなりません。あなたは私に、いのちの道を知らせてくださいます。あなたの御前には喜びが満ち、あなたの右には、楽しみがとこしえにあります。」(16:10‐11)

旧約聖書には死後の世界は基本的に語られていません。しかし、この箇所には永遠のいのちの希望が語られています。この地上での人生がすべてではありません。イエス・キリストを信じる者たちはこの地上でのいのちが終わる時、神の臨在の中で、天の御国で永遠を生きます。喜びが満ちあふれ、楽しみがとこしえにあります。ですから使徒パウロは言います。

「今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます。」(ローマ8:18)

今日は主の日。共に主に礼拝を捧げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>