ヨブ記 11章

「知れ。神はあなたのために、あなたの罪を忘れてくださることを。」(6節)

このすばらしいみことばの何が問題なのでしょうか。問題は、ツォファルが自分を棚上げにしてヨブを罪人扱いしたことでした。ヨブは、神が認める潔白な人だったのです。しかし、彼はヨブが何か悪いことをしなければ、こんなこと起こるはずがないと悔い改めを迫るのです。この世にはそのような考え方があります。不幸が起こるのは、何かしら理由があるから、高いお金を払って供養をしなければとか、修行をしなければとか、何かを買って償わなければいけないとか…。この世の新興宗教は、人間の弱みにつけこんできます。しかし、イエス・キリストは、言います。

「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現われるためです。」(ヨハネ9:3)

神はあなたを裁きたいのではなく、あなたを愛しています。

「一人でも、多くの人にイエス様を紹介することができますように。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>