民数記 26:12-27:11

「しかし、このうちには、モーセと祭司アロンがシナイの荒野でイスラエル人を登録したときに登録された者は、ひとりもいなかった。それは主がかつて彼らについて、「彼らは必ず荒野で死ぬ。」と言われていたからである。彼らのうち、ただエフネの子カレブとヌンの子ヨシュアのほかには、だれも残っていなかった。」(26:64,65)

約束の地を目の前にして、神は再度、イスラエルの民の人口調査を命じられました。1章で行われた第一回目の調査の時に数えられた者は、ヨシュアとカレブ以外はいませんでした。その理由は、ヨシュアとカレブ以外は神に従うよりも、自分たちの意見を優先したからでした。(14章参照)信仰生活は選択の連続です。神を信頼することを選ぶか、自分たちの意見を優先させるか、私たちは選択しなければなりません。イスラエルの民は話し合いの結果、荒野をさまようことになりました。話し合うことより、神のみこころを求めて祈ることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>