創世記 7:1-9:17

「神は、ノアと、箱舟の中に彼といっしょにいたすべての獣や、すべての家畜とを心に留めておられた。」(8:1)

四〇日四〇夜、降りしきる雨の中で、ノアたちは、何を思ったのでしょうか。「もう十分です。いい加減、終わりにしてください。」と祈っていたかもしれません。もしくは、木の葉のように揺れる船の中で、「神様は自分たちのことなんか忘れてしまったのではないだろうか」と思ったかもしれません。しかし、聖書ははっきりと、神はノアと、箱舟の中に彼といっしょにいたすべての獣や、すべての家畜とを心に留めておられたと言います。この事実を心に留めたいと思います。たとえ今、木の葉のように揺れるような状況の中にいても、神は、わたしたちのことを心に留めておられると言います。神はわたしたちのことを忘れてはいません。必ず時は来て、嵐は終わり、水は減り始めます。神はあなたを忘れてはいません。

※本日の祈祷会はお休みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>