ネヘミヤ 13章

「私の神。どうか、このことのために私を覚えていてください。私の神の宮と、その務めのためにしたいろいろな私の愛のわざを、ぬぐい去らないでください。」(14節)

ネヘミヤがバビロンからエルサレムに戻ってくると、

「私は、レビ人の分が支給されないので、仕事をするレビ人と歌うたいたちが、それぞれ自分の農地に逃げ去ったことを知った。」(10節)

とあります。人々は「働き人」(レビ人)を軽視し、「働き人」は奉仕し続けることができなくなってしまいました。問題は、イスラエルの人々が神殿をないがしろにしていたことでした。ネヘミヤは、神殿をないがしろにしていた指導者たちに言います。

「どうして、神殿をそんなにないがしろにするんだ」(11節LB)

私たちはどうでしょうか?

「キリストのからだ」である教会をないがしろにしていないでしょうか?

ネヘミヤは、神を大切にするがゆえに、神殿を大切にしました。この姿勢がネヘミヤの人生を祝福しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>