ローマ 2:1-16

「私の福音によれば、神のさばきは、神がキリスト・イエスによって人々の隠れたことをさばかれる日に、行なわれるのです。」(16節)

人は一度死ぬことと、死後に裁きを受けることが定まっています。(ヘブル9:27)創造主である神は、この世界に対して責任をもたれ、最終的にすべてを正されます。「神にはえこひいきなどはないからです。」(11節)この世界の終わりの日、神は公正に裁かれます。だからパウロは言います。

「あなたは、『ほかの人の場合はいざ知らず、私の場合は別だ。神は見逃してくれる』と、たかをくくっているのですか。神がどれだけ忍耐しておられるか、わからないのですか。それとも、そんなことは気にもかけていないのですか。神があなたを罰しもせず、長いあいだ待っていてくださったのは、罪から離れるのに必要な時間を与えるためでした。神の愛は、あなたを悔い改めに導くためのものです。」(3,4節LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>