マルコ13:1-31

「この天地は滅びます。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。」(13:31)

第二次世界大戦の時、ナチス・ドイツに服従しなかったために、大学教授の職を失ったスイス人神学者バルトは、スイスに帰国する電車に乗る前、見送りに来た学生にこう言いました。

「釈義、釈義、釈義」(Exegesis)

つまり、時の流れに翻弄されないために、しっかりと聖書を学ぶように学生たちに言いました。終わりの時代に生きる私たちも、目を覚ましているためには、聖書を学ぶ必要があります。というのも、イエス様もこう忠告しています。

「にせキリスト、にせ預言者たちが現われて、できれば選民を惑わそうとして、しるしや不思議なことをして見せます。」(13:22)

惑わされないためには、しっかりと聖書を学ぶ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>