コロサイ 3章

「何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心からしなさい。・・・あなたがたは主キリストに仕えているのです。」(23,24節)

誘惑というのは悪いことをしないということだけではありません。正しいことをしないということもあります。犯す罪と怠慢の罪があります。悲劇と同じくらい快適さには危険があります。神はあなたの快適さのためにこの地に置かれたわけではありません。神は神の目的に仕えるためにあなたを置かれました。あなたはどのように神に仕えているでしょうか?私たちは他者に仕えることによって神に仕えます。たとえそれが不都合に思えたとしても。神様は直接主キリストに対してするように、何事においても真心からすることを願っておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>