ピリピ 4章

「何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。」(6,7節)

不安というのは、神ではなく、恐れに焦点を合わせることです。そして、不安は何も解決しません。不安はただ問題を大きくするだけです。不安になればなるほど、平安を失っていきます。聖書は祈りが信仰への小道だと言います。祈りだけが、物事を適切な視点に置くことができる方法だからです。
もっとも祈りは願いだけではありません。「感謝をもってささげる祈り」もあります。「すべての事について、感謝しなさい。」とあるように、プラスに見えることも、マイナスに見えることも感謝できますように。

今日は主の日。共に主に礼拝を捧げましょう!

(リック・ウォーレン師の『祈りの四〇日』から)

祈りの四〇日

二〇一四年八月十二日、創世記一章から一日一章続けてきたデイリーデボーションも、先週、十一月十六日で六六巻終わりました。二〇一八年の新年からまた、仕切り直していきたいと思います。それまで、リック・ウォーレン先生の「祈りの四〇日」という四〇日間のデボーションから共に祈りを黙想していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>