黙示録 21章

「そのとき私は、御座から出る大きな声がこう言うのを聞いた。「見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。」(3,4節)

「神の幕屋」が意味することは、神の臨在です。幕屋はまさに、天と地が交わる場所でした。天は神の領域です。天の現実を今は見えないかもしれませんが、キリストが再臨されるとき、目に見える現実として現わされ、永遠に続きます。天と地が交わる「幕屋」、それは、イエス・キリストがこの地上に誕生されたことによって成就しました。

「ことばは肉〔なる人〕となって、われわれの間に幕屋を張った。」(ヨハネ1:14)

私たちが幕屋を作るのではありません。キリストがすでに幕屋を張られました。私たちはキリストの中で天の現実を体験します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>