黙示録 20章

「また私は、大きな白い御座と、そこに着座しておられる方を見た。地も天もその御前から逃げ去って、あとかたもなくなった。」(11節)

すべての人は一度死ぬことと、死後に裁きを受けることが定まっています。聖書ははっきりと人類に告げています。この世の終わりに、すべての人は、神の大きな白い御座の前に立ち、裁かれます。神はすべてをご存知です。

「神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからだ。」(伝道者12:14)

「いのちの書」に名前が記されていない者はみな、火の池(地獄)に投げ込まれます。しかし、イエス・キリストを主として信じる者は、イエス・キリストの十字架の御業のゆえに「いのちの書」に名前が記されています。ですから、白い御座の前に立つその時、恐れる必要はありません。イエス・キリストの信実のゆえに、イエス・キリストを信じる者を神は義と宣言してくださいます。(ローマ8:1参照)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>