ゼカリヤ書 12章

「わたしは、ダビデの家とエルサレムの住民の上に、恵みと哀願の霊を注ぐ。彼らは、自分たちが突き刺した者、わたしを仰ぎ見、ひとり子を失って嘆くように、その者のために嘆き、初子を失って激しく泣くように、その者のために激しく泣く。」(10節)

この箇所は、終わりの日、イスラエルの人々の心が神に立ち返るという預言だと言われます。神はイスラエルの人々に聖霊を注がれ、

「彼らは、彼ら自らが刺し貫いた者であるわたしを見つめ、独り子を失ったように嘆き、初子の死を悲しむように悲しむ。」(新共同訳)

イスラエルの人々が、イエス・キリストが聖書が預言していたメシヤであったことに気づくというのです。彼らは、イエス・キリストが「ユダヤ人の王」として十字架の上で死んでくださった意味を悟り、彼らの心は砕かれると。

「恵みと祈りの霊」(LB)

は、今、イエス・キリストを信じる教会に注がれています。恵みと祈りに満ちることができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>