ゼカリヤ書 11章

「見よ。わたしはひとりの牧者をこの地に起こすから。彼は迷い出たものを尋ねず、散らされたものを捜さず、傷ついたものをいやさず、飢えているものに食べ物を与えない。かえって肥えた獣の肉を食らい、そのひづめを裂く。ああ。羊の群れを見捨てる、能なしの牧者。剣がその腕とその右の目を打ち、その腕はなえ、その右の目は視力が衰える。」(16,17節)

ここに出てくる牧者は、この世の終わりに登場する偽キリストのことと言われます。キリストに反対するのではなく、イミテーションです。多くの人が偽キリストによって養われていると感じますが、実質的には何もありません。黙示録で「致命的な傷」(13章)を受けるとありますが、どんな傷かが記されています。片方の腕が使えなくなり、右の目が見えなくなる。キリストを信じる者は、彼を見る前に天にあげられますが、地上に残されて、この預言の成就を見ましたら、キリストを見上げてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>