1ヨハネ 5章

「そのあかしとは、神が私たちに永遠のいのちを与えられたということ、そしてこのいのちが御子のうちにあるということです。御子を持つ者はいのちを持っており、神の御子を持たない者はいのちを持っていません。」(11,12節)

これほど簡潔で明確なことばはないと思います。LBではこう訳しています。

「神の言われたこととは、神が私たちに永遠のいのちを与えてくださったこと、そして、永遠のいのちが神の御子のうちにあるということです。そういうわけで、神の子を信じる人にはいのちがあり、信じない人にはいのちがないのです。」

「すべての道が神に通じる」と言う人がいます。「誠実であれば、神は受け入れてくださるはずだ」と言う人がいます。しかし、誰がなんと言おうと、神が言われたことは、イエス・キリストを信じることなく永遠のいのちはありません。ですから私たちはイエス・キリストを宣べ伝える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>