アモス 9章

「その日、わたしはダビデの倒れている仮庵を起こし、その破れを繕い、その廃墟を復興し、昔の日のようにこれを建て直す。」(11節)

「ダビデの倒れている仮庵」は、「賛美」のことだと言う聖書学者がいます。つまり、終わりの時代に賛美が回復する預言だと言うのです。確かに、少し前までは教会の賛美は、オルガンの伴奏以外認められない時期がありました。しかし、今、ダビデの時代のように、いろいろな楽器を用いて神を賛美できるようになりました。詩篇にこういう箇所があります。

「角笛を吹き鳴らして、神をほめたたえよ。十弦の琴と立琴をかなでて、神をほめたたえよ。タンバリンと踊りをもって、神をほめたたえよ。緒琴と笛とで、神をほめたたえよ。音の高いシンバルで、神をほめたたえよ。鳴り響くシンバルで、神をほめたたえよ。」(詩篇150:3-5)

まさに、このような賛美が今、回復しています。今日は主の日。共に主を賛美し、礼拝を捧げましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>