エゼキエル 19章

「火がその枝から出て、その若枝と実を焼き尽くした。もう、それには王の杖となる強い枝がなくなった。」これは悲しみの歌、哀歌となった。」(14節)

メッセージ訳ではこれは

「ブルース」

の歌詞だと訳しています。それほど歌詞自体には希望を見出せません。しかし、私たちが

「何に信頼しているか」

という大切な問いかけがなされています。19章では、強いライオンと強い枝をもつぶどう園が登場します。これはダビデ王朝を象徴しています。しかし、ライオン(王)も連行され、ぶどう園(イスラエル)も引き抜かれてしまいます。私たちは何に信頼しているでしょうか。強力な軍事力をもった指導者でしょうか?聖書は明確にイエス・キリストに信頼する者は失望することはないと言います。イエス・キリスト以外の誰かに、何かに信頼しているならば、それは砂地であり、ブルースの歌になると。

今日は主の日。聖霊降臨日(ペンテコステ)。共に主に礼拝を捧げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>