エゼキエル 13章

「それゆえ、神である主はこう仰せられる。あなたがたは、むなしいことを語り、まやかしの幻を見ている。それゆえ今、わたしはあなたがたに立ち向かう。―神である主の御告げ。―」(8節)

2,3節をLBではこう訳しています。

「ちりの子よ、イスラエルの預言者どもに預言せよ。彼らは自分かってに幻を考え出し、わたしが何も語らないのに、神のお告げだと主張している。そんな連中はのろわれるべきだ!」

私たちは簡単に「主がこう言われる」と言ってはいけません。もし、神が語ってもいないのにも関わらず「主がこう言われる」と言うならば呪われると言います。神からの預言かどうか、私たちは聖書を通して吟味することができます。聖書は神の言葉ですから、聖書と矛盾するようなことを神は語られません。

「預言する者も、ふたりか三人が話し、ほかの者はそれを吟味しなさい。」(Ⅰコリ14:29)

とあるように、私たちは吟味する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>