哀歌 3章

「私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。それは朝ごとに新しい。「あなたの真実は力強い。」(23節)

エレミヤは、神の裁きと言う悲しい知らせの中で、神のあわれみを思い浮かべ、希望をこの箇所で語ります。彼は、そもそも、神があわれみ深くなかったら、もっと前に滅んでいたということに気づきます。そして、希望をただ主に置きます。

「主の救いだけに望みを置いて、静かに待つのは良いことです。」(26節LB)

私たちは自分の周りを取り囲む、問題に疲れ果て、落ち込んでしまう時があります。しかし、神の救いだけに望みを置くならば、希望があります。主のあわれみは尽きないからです。

「主は、ご自分を待ち望む者、ご自分を求める者を慈しみます。」(25節LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>