エレミヤ 35章

「レカブの子ヨナダブが、酒を飲むなと子らに命じた命令は守られた。彼らは先祖の命令に聞き従ったので、今日まで飲まなかった。ところが、わたしがあなたがたにたびたび語っても、あなたがたはわたしに聞かなかった。」(14節)

神はこの箇所で、一般的な人であるレカブ人でさえ、250年間先祖の教えに忠実に生きることができたのに、どうしてイスラエルの人々は、たびたび預言者を通して神の教えが語られたのに、その教えに生きるという品性を保つことができなかったのかと問いかけています。つまり、レカブ人には出来たのだから、「人間だから」という言い訳は許されないというのです。品性を保つために、私たちがどのように生きるか日々問われています。ユージーン・ピータソンという神学者は、「規則的な礼拝、誠実な祈り、什一献金」などに対する私たちの決断もこれに含まれると言います。神が語られていることを無視せずに、聞き従うことができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>