イザヤ 66章

「これらすべては、わたしの手が造ったもの、これらすべてはわたしのものだ。――主の御告げ。――わたしが目を留める者は、へりくだって心砕かれ、わたしのことばにおののく者だ。」(2節)

神が目を留められるのは、尊大で強い人ではなく『へりくだって心砕かれた人』である、とこの箇所は語っています。なぜなら尊大で傲慢な人は、自分には神が必要ではないと思っているからです。この箇所にもあるように、いま私たちに与えられているすべてのものは本来神からの無償の贈り物です。水も、空気も、土地も、草花も食物も。家族や友人もそうです。それなのに私たちはその方を無視し、すでに「ある」ものからの加工品を造ることに必死です。すべてを与えてくださっている方を、「自分には必要ではない」と無視して生きることは大変矛盾していると思います。生かされていることを、まず感謝する一日でありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>