イザヤ 58章

「わたしの好む断食は、これではないか。悪のきずなを解き、くびきのなわめをほどき、しいたげられた者たちを自由の身とし、すべてのくびきを砕くことではないか。」(6節)

教会暦では水曜日からレントに入りました。レントの期間、伝統的にはキリストの受難を覚えて断食をします。今日の箇所は本当の断食とは何かが語られています。自分を敬虔そうに見せるための断食には意味がない。断食はそもそも自分の願いをかなえるためではなく、社会的弱者を覚えるためだと言います。

「飢えた者に食べさせ、困っている者を助けなさい。そうすれば、あなたの光は暗闇の中から輝き渡り、あなたを取り囲む暗闇は真昼のように明るくなります。」(10節LB)

今日は主の日。

「安息日をきよい心で守り、その日には仕事や趣味に熱中したりせず、喜んで一日を過ごし、主の聖なる日だと喜びを込めて言い、自分のしたいことをせずにむだ口を慎み、わたしをあがめるなら」(13節LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>