イザヤ 48章

「あなたを贖う主、イスラエルの聖なる方はこう仰せられる。『わたしは、あなたの神、主である。わたしは、あなたに益になることを教え、あなたの歩むべき道にあなたを導く。」(17節)

聖書の神は、私たちに益になることを教え、私たちを導いてくださる主です。具体的に、聖書には、私たちの益になることが記されています。ですから使徒パウロもこう言っています。

「聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。」(Ⅱテモテ3:16新共同訳)

さらに聖書は私たちに有益なだけでなく、私たちの歩みを導いてくれるものでもあります。ですから、詩人はこう歌っています。

「あなたの御言葉は、わたしの道の光/わたしの歩みを照らす灯。」(詩119:105新共同訳)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>