伝道者 11章

「風を警戒している人は種を蒔かない。雲を見ている者は刈り入れをしない。」(4節)

用心深いことは悪いことではありませんが、機会を失う可能性もあります。LBではこう訳しています。

「しかし、風の状態が良くなるまで待っていたら、何一つなすことはできない。」

特に今日の文脈は善を行うことを積極的に勧めています。

「惜しみなく与えよ。あなたが与えたものは、あとになって戻ってくるからだ。持っているものを、人々に分け与えよ。あとになってあなたも人から助けてもらうことになるからだ。」

「手を休めずに種をまきなさい。どの種が芽を出すか、わからないからです。もしかしたら、全部芽を出すかもしれません。」(1,2,6節LB)

「ですから、機会あるたびに、だれに対しても、特に信仰を持つ人たちには親切にしましょう。」(ガラテヤ6:10LB)

今日は主の日。共に主に礼拝を捧げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>