箴言 20章

「なまけ者は冬には耕さない。それゆえ、刈り入れ時に求めても、何もない。」(4節)

誰の人生にも、「冬」のような時期があります。何をしてもうまくいかないように思える時・・・。しかし、聖書は、そのような時こそ大事な時だと言います。誰にも認めてもらえないような時に、どれだけ学び、下積みできるかで、私たちの人生は変わっていきます。宗教改革の指導者、マルチン・ルターは、命を狙われる人生の冬のような時期に、コツコツと聖書をドイツ語に翻訳し、ドイツ語の聖書を完成させました。アルファのニッキー・ガンベル師は、こんなことを言っています。

「あなたが苦闘しているからといって失敗しているわけではない。すべての偉大な成功は、そこに到達するまでに何らかの苦闘が必須である。」
「冬のうちに耕しておかないと、刈り入れ時になっても収穫は望めません。」(LB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>