詩篇 105篇

「主とその御力を尋ね求めよ。絶えず御顔を慕い求めよ。」(4節)

今日の箇所は私たちに三つのことを求めるように告げます。

まず第一番目に、主ご自身です。私たちが本当に必要なのは、何かではなく、主イエス・キリストご自身です。私たちの本当の必要に唯一答えることができるのは、主イエス・キリストだけだからです。

第二番目は、その御力です。主は力ある神です。神に不可能なことは一つもありません。人にはできないことも、神にできないことはありません。私たちは、この全能の神を求める必要があります。

第三番目は、御顔です。御顔と訳された単語は、「臨在」とも訳されます。私たちは主の臨在を求める必要があります。「御国が来ますように」という祈りは、今、この時、神の臨在がこの場所にあることを求める祈りでもあります。神の御国(支配、統治)が、今、ここにありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>