詩篇 31篇

「雄々しくあれ。心を強くせよ。すべて主を待ち望む者よ。」(24節)

メッセージ訳はこう訳しています。

「勇敢であれ、強くあれ、あきらめるな。神がすぐここに来られることを期待しなさい。」

神は私たちが人生のどんな状況でも、神に期待して生きることを願われています。このような訳もあります。

「だから強くあれ、勇敢であれ、主の内にあなたの希望をおく、すべての人よ」(NLT)。

私たちはどちらかというと「期待しないほうが、がっかりしなくて済むだけましだ」と考えます。しかし、それは、神が私たちに願われている生き方とは違います。もちろん、自分の思い通りに神が動いてくれるように期待するならば失望すると思います。神の思いは私たちの思いよりも高いからです。しかし、神のみこころの中に生きるならば、「人が、これまで見聞きしたことも、想像したこともないほどすばらしいことを、神は、ご自分を愛する人々のために用意してくださった」世界を期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>