Ⅰ歴代誌 4章

「ヤベツはイスラエルの神に呼ばわって言った。『私を大いに祝福し、私の地境を広げてくださいますように。御手が私とともにあり、わざわいから遠ざけて私が苦しむことのないようにしてくださいますように。』そこで神は彼の願ったことをかなえられた。」(10節)

 系図がただ続く中で、まるで通読する人のオアシスのように、このコメントが目にとまります。ヤベツという人に関しては、ほとんど分かっていませんが、彼の祈りが彼の人生を変えたことを聖書はどうしても私たちに伝えたかったことは事実です。大和の大川先生は日々の生活の中で、次の祈りをすることを提唱しています。「愛する天のお父様。どうか私を大いに祝福してください。私の領土を広げてください。御手が私と共にありますように。災いから私を守り、私が苦しむことのないようにしてください。イエス・キリストさまのお名前によって祈ります。アーメン」

ヤベツの人生を変えた神様は今も生きておられます。今も同じように、私たちの祈りに答えてくださいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>