1歴代誌 14章

「ダビデは、主が彼をイスラエルの王として堅く立て、主の民イスラエルのために、彼の王権がいよいよ盛んにされているのを知った。」(2節)

この箇所からダビデのリーダーシップについて学ぶことができます。彼はまず、

「主が彼を…立て」

とあるように、自分のリーダーシップは主からと意識していました。

「神によらない権威はどこにもありません。」(ローマ13:1LB)

と認識していたのです。ダビデはまた彼のリーダーシップは、

「主の民イスラエルのため」

と意識していました。つまり、仕えるための権威だと認識していたのです。イエス・キリストはこう言いました。

「あなたがたも知っているとおり、この世の王や高官は、支配者として権力をほしいままにしています。しかし、あなたがたの間では違います。偉くなりたければ、みなに仕える者になりなさい。」(マルコ10:42,43LB)

世界は、そのような謙遜なリーダーが必要とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>