1歴代誌 7章

「彼女はみごもって男の子を産んだ。彼はその子をベリアと名づけた。その家がわざわいのさなかにあったからである。」(23節)

ベリアとは、災いという意味です。ベリアの父、エフライムの二人の子は、律法を犯して殺されてしまいます。その反省も兼ねて、生まれた子に「災い」とつけたのです。興味深いことは、この子孫から、モーセの後継者、ヌンの子ヨシュアが生まれるのです。神は大きな罪を犯した者の子孫を用いて、重大な任務につかせたのです。私たちは弱く、失敗を犯しやすい者です。しかし、キリストは、私たちが悔い改めるならば、私たちを赦し、もう一度チャンスを与えてくださいます。キリストは、ご自身のもとに来られる者たちに言います。

「子よ、しっかりしなさい。あなたの罪は赦されたのだ。」(マタイ9:2口語訳)

失敗は終わりではありません。神はセカンドチャンスの神です。キリストの中でマイナスはプラスになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>