エペソ 4章

「お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなたがたを赦してくださったように、互いに赦し合いなさい。」(32節)

「親切」は聖書的には大切な美徳の一つです。なぜならば、「親切」は神の性質の一つだからです。イエス様はこのように表現しました。

「あなたがたの天の父があわれみ深いように、あなたがたも、あわれみ深くしなさい。」(ルカ6:36)

聖霊なる神様を心に宿しているのであるのならば、神のご性質の影響を受けて、「親切」と「赦し」に生きようとするものだと聖書は言います。一年のはじまりにあたって、イエス・キリストの十字架の意味を今一度噛み締め、「お互いに親切にする」、「互いに赦し合う」ことの大切さを心に留めたいと思います。
今日は、今年最初の主の日。心からの賛美と礼拝を主に捧げることができますように。

※ 本日の第三礼拝(18時)はお休みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>