1列王記 7章

「ソロモンは自分の宮殿を建て、十三年かかって宮殿全部を完成した。」(1節)

ソロモン王は神のために神殿を建築しました。6章38節には

「これを建てるのに七年かかった。」

とあるように大事業でした。その後、彼は自分のための宮殿も造ります。それは倍近くの一三年かかったとありますが、書いてある内容を観察すると、神殿の方が大事業だったことが分かります。つまり、ソロモン王は神のための神殿をそれほど緊急、重要な事業として成し遂げていたという事が分かります。やがてイスラエルの人々がバビロン捕囚から戻ってきた時、預言者ハガイは言いました。

「おまえたちは多くを望んでも、少ししか得られない。それを家に持ち帰っても、わたしが吹き飛ばす。結局、なくなってしまうのだ。なぜか。神殿が廃墟のままなのに、心にもかけないからだ。わが家をよくすることばかりに気を配っている。」(ハガイ1:9LB)

神を第一とすることができますように。

※ 本日のSSCの祈祷会は、武道館でもたれるセレブレーション・オブ・ラブに合流するため、お休みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>