1コリント 12章

「さて、兄弟たち。御霊の賜物についてですが、私はあなたがたに、ぜひ次のことを知っていていただきたいのです。」(1節)

使徒パウロが

「ぜひ次のことを知っていていただきたいのです。」

と言っている箇所は、大体、今も混乱しています。

イエス・キリストの再臨に関する箇所(Ⅰテサロニケ4:13)、

イスラエルに関する箇所(ローマ11:25)

も同じ表現が用いられています。

「御霊の賜物」とは、聖霊が与える賜物のことです。ここでは、超自然的な賜物です。31節に

「あなたがたは、よりすぐれた賜物を熱心に求めなさい。」

とあるように、私たちは今も熱心に賜物が与えられるよう求める必要があります。賜物は何かと考える以上に、与えられるように求めなさいと言います。ただパウロが

「私は、さらにまさる道を示してあげましょう。」(31節)

と言い、13章があることも忘れてはいけません。「愛すること」はそれ以上に大事だからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>