申命記 1章

「主は、あなたがたが宿営する場所を捜すために、道中あなたがたの先に立って行かれ、夜は火のうち、昼は雲のうちにあって、あなたがたの進んで行く道を示されるのだ。」(33節)

神がイスラエルの人々が滞在するのに最適な場所を先に立っていって捜され、導かれたとモーセは言います。神は私たちの人生の旅路においても同じようにされます。前もって私たちのために私たちにとって最適な場所を捜し、私たちの前を行かれ、そこに導いてくださいます。それだけではなく、私たちがその場所で生きていくために、私たち自身をも準備してくださいます。私たちが今おかれている場所、また状況は、神が私たちを最高の場所に導くために必要だからこそだということです。その道程にある荒野はつらいところです。しかし、夜は火のうちにあって私たちを温め、光を与え、昼は雲のうちに暑さを和らげ、みことばをもって道を示してくださいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>