レビ記 1章

「主はモーセを呼び寄せ、会見の天幕から彼に告げて仰せられた。」(1節)

レビ記は、原文の冒頭にあたる

「(主は)呼び寄せ」

という一語が書名になっています。主は、私たちを呼び寄せられるお方です。会見の幕屋は、荒野を旅するイスラエルの民の真ん中にありました。出エジプトの最終章に、このような記述があります。

「すると、雲が会見の幕屋を覆い、ヤハウェの栄光が宿り場に満ちた。モーセは、会見の天幕に入ることができなかった。その上に雲が宿っており、ヤハウェの栄光が宿り場に満ちていたからである。」(40:34,35岩波訳)

シナイ山からモーセに呼びかけた主は、会見の幕屋に神が臨在され、モーセを呼ばれました。数千年後、ヨハネは記しました。

「ことばは肉なる人となって、われわれの間に幕屋を張った。‐われわれは彼の栄光を、父から遣わされたひとり子の持つものとしての栄光を観た」(ヨハネ1:14岩波訳)

聖書は言います。

「この終わりの時には、御子によって、私たちに語られました。」(へブル1:2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>