マルコ 6章

「イエスは、舟から上がられると、多くの群衆をご覧になった。そして彼らが羊飼いのいない羊のようであるのを深くあわれみ、いろいろと教え始められた。」(34節)

群衆をご覧になったイエス様は、岩波訳で

「腸(はらわた)のちぎれる想いに駆られた」

と訳しています。

単に「かわいそう」に思ったというレベルではありません。

心の底からいたたまれない思いになったのです。

そのイエス様がされたことは

「教え」ることでした。

教会がまず提供すべきことは、イエス様の教え、聖書のみことばを教えることです。「神のことば」には力があります。人がもっとも必要としているものは「神のことば」です。「キリストのからだ」であるはずの教会が「神のことば」である聖書を教えなければ、どこが聖書を教えるのでしょうか?

はらわたのちぎれる想いに駆られて教えられたイエス様は、今もご自身のからだである教会を用いて、人々に聖書のみことばを教えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>