マルコ 5章

「イエスは、その話のことばをそばで聞いて、会堂管理者に言われた。「恐れないで、ただ信じていなさい。」」(36節)

「イエスは、その話のことばをそばで聞いて」

という箇所を、口語訳では、

「その話している言葉を聞き流して」

と訳しています。

「現実」を直視することは、大切なことです。しかし、イエス様は、時として私たちに、「超現実」に生きることを求められます。

イエス様は、「ヤイロの娘が死んでしまった」という報告に対して、「聞こえないふり」をしました。そして、ただ、こう言われました。

「恐れてはいけない。ただ、信じ続けなさい!」
神の御業を体験するためには、時として「この世の常識」を聞き流して、ただ、イエス様を信頼する必要があります。不信仰なことばを聞き流し、恐れずに、信仰の言葉、神のみことばに生きていくならば、必ず、神さまの栄光を拝する時が来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>