出エジプト 27章

「あなたはイスラエル人に命じて、燈火用に上質の純粋なオリーブ油を持って来させ、ともしびを絶えずともしておかなければならない。」(20節)

ともし火を四六時中燃やし続けるだけでも大変なことです。口語訳では20節をこう訳しています。「・・・オリブをつぶして採った純粋の油を、ともし火のために持ってこさせ、絶えずともし火をともさなければならない。」オリーブをつぶして採取した純粋の油を常に供給しなければならなかったと考えると、ともし火をたやさないためにどれだけの労力が費やされたか考えさせられます。そこまでする必要があるのだろうかと思った人もいるのではないでしょうか。聖書は「絶えず祈りなさい」(Ⅰテサロニケ5:17)、祈りのともし火を消してはいけないと言います。祈りの姿勢をもって生きることもたやすいことではないと思います。しかし、あらゆる努力をしてでも祈りの姿勢を崩さないで生きることは、私たちの人生にとって大きな意味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>