出エジプト 18章

「あなたも、あなたといっしょにいるこの民も、きっと疲れ果ててしまいます。このことはあなたには重すぎますから、あなたはひとりでそれをすることはできません。」(18節)

責任感が強い人は、何もかも自分一人でなんとかしなければと思います。しかし、一人でできることは限られています。私たちは協力者を見つけ出し、一緒にやっていくということを学ぶ必要があります。そうでなければ、自分も潰れ、周りも疲れ果ててしまうということになりかねません。使徒パウロは言いました。「互いの重荷を負い合い、そのようにしてキリストの律法を全うしなさい。」「人にはおのおの、負うべき自分自身の重荷があるのです。」(ガラテヤ6:2,5)一見、矛盾して聞こえますが、原文では「重荷」と訳された単語が違います。五節の「重荷」は「リュックサック」とも訳せる言葉です。つまり、それぞれが負うべき自己責任の重荷と、一人では負えない重荷があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>