出エジプト 15章

「主はとこしえまでも統べ治められる。」(18節)

紅海が二つに分かれるという劇的な体験をした時、モーセたちは主に向って歌を歌いました。

「そこで、モーセとイスラエル人は、主に向かって、この歌を歌った。」(1節)

この賛美の歌は、「主はとこしえまでも統べ治められる。」で閉じられます。

「神の統治」、それが「神の国」であり、このことを宣言することこそが福音であり、いつの時代も賛美の主題です。紅海を渡るように、水のバプテスマを受けることも、劇的な体験です。イエス・キリストを信じ、水のバプテスマを受ける時、私たちもこの歌が与えられます。イエス・キリストを信じることは、まさに、主の統治を認めることだからです。まず、自分の個人的な人生における主の統治を認めます。そして、十字架で死に、葬られ、よみがえられたイエス様が、この世界を統治されていることを認めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>