Ⅱサムエル 15章

「この民がみな進んで行くとき、国中は大きな声をあげて泣いた。王はキデロン
川を渡り、この民もみな、荒野のほうへ渡って行った。」(23節)

 ダビデの息子、アブシャロムは人の心をつかむのが巧みでした。彼は、「王の
ところへ訴えを持ち込む人を見つけると、そのつど呼び止めて、さも関心がある
ように、訴えを聞くのです。」(2節LB)彼には下心がありました。彼はダビ
デに謀反を起こすためにしたのです。それで危険を感じたダビデは、泣きながら
キデロン川を渡って逃げました。キデロン川、それはエルサレムの汚物が流れて
いる濁流です。それは、困難と悲しみの川です。私たちの王、イエス・キリスト
もまた、同じようにその川を渡られました。スポルジョンはこう言っています。
「ダビデは一時卑しい身分に下ったが、やがて勝利を得て都に帰り、またダビデ
の主は勝利を得て墓からよみがえられた。だから私たちも勇気を奮い起こそうで
はないか。」
「主よ、元気を与えてください。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>