創世記 41章

「ヨセフはパロに答えて言った。『私ではありません。神がパロの繁栄を知らせてくださるのです。』」(16節)

神に用いられる人は神に栄光を帰す人です。

神は確かに夢を解き明かす賜物をヨセフに与えました。しかし彼はそれは神の御業であることを理解していたので、自分の栄光にすることはしませんでした。ヨセフは自分ではなく神に栄光を帰したのです。バプテスマのヨハネは、人々が彼の所から離れてイエス様の所にいくのを心配した弟子たちにこう言いました。

「人は、天から与えられるのでなければ、何も受けることはできません。」

「あの方は盛んになり私は衰えなければなりません。」(ヨハネ3:27,30)

彼もまた、「私ではありません。」と、自分にではなく神に栄光を帰しました。

「わたしの名で呼ばれるすべての者は、わたしの栄光のために、わたしがこれを創造し、これを形造り、これを造った。」(イザヤ43:7)

Soli Deo Gloria

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>