創世記 39章

「監獄の長は、ヨセフの手に任せたことについては何も干渉しなかった。それは主が彼とともにおられ、彼が何をしても、主がそれを成功させてくださったからである。」(23節)

ヨセフは無実の罪で捕えられ、監獄に入れられてしまいます。しかし、聖書は言います。

「しかし、主はヨセフとともにおられ、彼に恵みを施し、監獄の長の心にかなうようにされた。」(21節)

神は監獄の長がヨセフに好意をもつようにされたと言います。そして、ヨセフがすることは何をしても成功させてくださったと言います。聖書は明確にその理由を、主が彼と共にいたからだと言います。聖書の神は祝福の神です。人々からの好意を受けることができるようにしてくださるお方です。何をしても成功するようにしてくださるお方です。ヨセフと共におられた主は、今も、イエス・キリストを信じる者と共におられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>