創世記 33章

「ヤコブ自身は、彼らの先に立って進んだ。彼は、兄に近づくまで、七回も地に伏しておじぎをした。エサウは彼を迎えに走って来て、彼をいだき、首に抱きついて口づけし、ふたりは泣いた。」(3,4節)

20年間エサウとヤコブは絶縁状態でした。ところが、エサウは彼を受け入れました。人間関係は回復することが可能です。関係回復のためにヤコブがしたことは、まず祈ることでした。(32章9節以下参照)ヤコブは、与える性格ではありませんでした。しかし、祈った後、ヤコブはエサウに贈る贈り物を決めました。祈りは私たちを変えます。次に、ヤコブはエサウに対して尊敬心をもって接しました。尊敬心をもって接していくなら、相手も尊敬心をもって接してくださいます。祈りつつ、尊敬心をもって相手と接するならば、神がその関係をいやしてくださいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>