創世記 15章

「そして、彼を外に連れ出して仰せられた。「さあ、天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。」さらに仰せられた。「あなたの子孫はこのようになる。」」(5節)

 アブラムには、目に見える現実しか見えませんでした。そんな彼を、神は外に連れ出し、星空を見上げさせました。もちろん、アブラムが見た星空は都会の星空ではありません。街の灯りがない夜空ですから、天の川も見たかもしれません。アブラムは神のビジョンでその眼を満たしました。私たちも同じように、神のビジョンを見上げる必要があります。もちろん、自分がそれを実現しなければならないと気負うならば、それはしんどく感じると思います。ですから神はアブラムに言いました。

「わたしはあなたをカルデアのウルから導き出した主である。わたしはあなたにこの土地を与え、それを継がせる。」(七節新共同訳)

神は夢を与えただけでなく為し遂げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>