創世記 14章

「アブラムはすべての物の十分の一を彼に与えた。」(20節)

収入の十分の一を捧げる什一献金は律法的だと言う人がいますが、いわゆるモーセが十戒をいただく前から行われていたことでした。つまり、収入の十分の一を捧げるという信仰の行動は、アブラハムの信仰が求められているということです。それは、また、アブラハムの祝福に生きることです。ですから、旧約聖書の最後の書、マラキ書にもこう記されています。

「十分の一の献げ物をすべて倉に運び/わたしの家に食物があるようにせよ。これによって、わたしを試してみよと/万軍の主は言われる。必ず、わたしはあなたたちのために/天の窓を開き/祝福を限りなく注ぐであろう。」(マラキ3:10新共同訳)

必ず祝福を限りなく注ぐというのは、まさに、このアブラハムの信仰に生きる人に与えられた約束です。什一献金にチャレンジするならば教会会計を潤すだけでなく、アブラハムの祝福を体験します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>