1ヨハネ 5章

「何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。」(14節)

祈りというのは、自分の思いをこの地上に実現させるための道具ではありません。祈りは、神の思いを共有し、この地上に神のみこころを実現させるための道具です。イエス様でさえ、この地上でこのように祈ってくださいました。

「しかし、わたしの願うようにではなく、あなたのみこころのように、なさってください。」(マタイ26:39)

祈りは、神が私たちに願いを起こさせ、神のみこころをこの地上にもたらせるものです。使徒パウロも言います。

「あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起させ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである。」(ピリピ2:13口語訳)

神が私たちの祈りを用いて、神の御国をこの地にもたらされると確信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>