ホセア 10章

「イスラエルは多くの実を結ぶよく茂ったぶどうの木であった。多く実を結ぶにしたがって、それだけ祭壇をふやし、その地が豊かになるにしたがって、それだけ多くの美しい石の柱を立てた。」(1節)

 LBではこう訳しています。

「イスラエルの繁栄ぶりの、なんとすばらしいことよ。まるで実を豊かに結んだぶどうの木のようだ。ところが、わたしが富をふやせばふやすほど、異教の神々の祭壇に多くの物が供えられる有様だ。収穫を豊かにすればするほど、それだけ多くの彫像や偶像をたてるしまつだ。」

神様は私たち一人一人に目的をもっておられます。それで、神様は私たち一人一人に賜物を与え、機会を与え、人生を祝福されます。神の目的のために用いて欲しいと願っておられるからです。しかし、イスラエルの人々は、せっかく神様が与えてくださった祝福を、神の目的のために使わず、自分たちの楽しみだけに使い、異教の神々に捧げてしまいました。

私たちはどうでしょうか?

神様の栄光のために用いているでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>